ペダリング倶楽部

BASSO DIAMANTE&ASTRA 2015

time 2015/07/09

BASSO DIAMANTE&ASTRA 2015

みなさん、こんにちは。

さてさて、前回までのロード購入候補として挙げていたBASSOのラグーナを実際に見てみたい気持ちになったので取り扱い店舗に伺ってみました。

ところが、ラグーナは売れちゃったのか現物がなくて・・・エンデューロ仕様のロトはありましたので、その姿からラグーナを想像するくらいしかできなかったんですね。

2015年モデルからBASSOのカーボン車はBPD認定ショップしか取り扱えなくなったみたいなので、せっかくショップまで来たのだからと上位クラスのフレームもじっくりと見てきました。

まずは興味のあったASTRAのイタリアンカラーです。

astra2015

 

ちょっと写真が斜め後方からのショットとなってしまいましたが、かなり派手な感じのカラーリングですね。

カラーリングとしては、ちょいと赤が多すぎて・・・てな感じですが前の方から見ればそうでもないのかも。

2014年ディアマンテを彷彿とさせるフォルムで、この2015アストラもオートクレープ方式で創出されたイタリア産みたいです。

このアストラの隣に展示していたのが、ディアマンテです。

Diamante2015

こちらは、先ほどのアストラと比べれば地味なホワイトの塗装なんですけど・・・なんだろ~存在感があるんですよねえ。

カラーリングは地味なはずなのに大きく見える。

ちなみに店員さんに確認させてもらったところ両方とも同じサイズということなんですが、シートポストの延長線上となるシートチューブが白いので全体的に大きく感じたんでしょうか?

とてもシンプルなデザインで、BASSOのフラッグシップモデルの貫禄でしょうかw

こういうフレームだけの上位モデル見てると、これで好きなパーツ選択して組み立てていくのも面白いなと思って、試しにアストラでコンポはシマノのアルテグラのDi2にして~とか計算してたら50万円超えていきました!!

いやはやロード沼っていう沼があるという話は聞いておりましたが、こうやって沼に近づいちゃうんだと怖くなった今日この頃でした。

PS. 管理人の優柔不断なココロはもう、2016モデルの姿見てからでもいいよねって思い始めています。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

BD-3

おすすめ書籍

イベント・展示会

気になるバイク

自転車まわりのアレコレ

自転車購入前に読もう

ゆーじ

ゆーじ

アラフォーからバイシクルの魅力に目覚めた男のドタバタを綴ったサイクルブログ。