ペダリング倶楽部

CARRERA 2016 ポディウム展示会に参加してみた

time 2015/11/03

CARRERA 2016 ポディウム展示会に参加してみた

CARRERA 2016

ということで、前回のチネリ2016の記事から時間が経ってしまい申し訳ないです。まあ、そんなに期待してる人なんておらんやろ~とか考えつつ軽い謝罪でジャブを放ちつつスタートしたいと思います。

sponsored link

(株)ポディウム 2016年の展示会

2015-10-09 12.24.46

受付を過ぎてすぐのコーナーがcinelliのコーナーだったので、(ノ´▽`)ノオオオオッ♪とテンションが上がったんですが、次のCARRERAコーナーも見応え充分の空間でした。

まず目を引いたのがコレです。

AR-01_03

超カッコイイんですよこのペイント!!

AR-01

特別なペイントみたいですが、フェニックスって言ったかな?

あ、違った~正解はディアブロという名前でした。

あえてのつや消しペイントなんですが、それがバイクの凄みを増してるというか、このバイク見たら男だったら誰でも乗りたくなるんじゃないかと思う。

AR-01_02

ちょい斜め前から~のワンショット♪

そして

AR-01_04

斜め後ろ下からのアングルで♪

BORA ULTRAのホイールとも相性バッチリで、超高そうでしょw

もちろん、あとで試乗もさせてもらいましたb

乗ったら勝手に前に前にと進みますよこのバイク。。。

そんな錯覚を感じるほどの直進力。

AR-01_01

AR-01 ディアブロ フレームセット

¥540,000.-

ノーマルカラーバリエーションは、黒×赤 黒×グレー 赤×白・黄の3色

¥490,000.-

ディアブロとの価格差はあるけど、この価格差ならAR-01購入するんならやっぱディアブロ購入したほうがプレミアっていうか価値と満足はあると思いました。

この渋さと格好良さは是非、実物を見ていただきたいっ!

ERAKLE AIR

ERAKLE AIR

エラクル エア フレームセット

上の写真はブラックナイトという暗闇に稲妻が走ったようなデザイン。

ブラックナイト フレームセット ¥400,000.-

ERAKLE AIR_GLOSSY

A6-33 GLOSSY

黒マット系、黒×赤と3色 フレームセット ¥380,000.-

エラクルエアは、アマチュアでは上級クラスの位置づけをされたバイクで、乗り味については「流れるような」「快適な」「速い」という3つの言葉で表現されるようです。

実際に試乗してませんが、下りの安定性をかなり向上させたモデルみたいです。

ディアブロの隣に展示されてあったので、存在感では負けていましたが、実際にこのバイクだけ見るとイナズマかっけえ~ってなります。

SL730

SL730

カレラレーシングモデルの至宝 SL730は、とても軽いT800カーボン仕様のフレームで重量は750グラム(サイズM)あります。

ヒルクライムモデルとして軽さを追求したモデルですが、前回のモデルに比べて、剛性と重量比率が高くなり耐久性が10%~15%ほど増えたそうです。

上の写真はネイビーベースの挿し色オレンジですが、挿し色が黄色のモデルと赤のモデルの黒ベースのモデルとあわせて3色となっています。

SL950

SL950

オープンスペースに展示されていたSL950

このクラスから、アルテグラと105完成車もラインナップされてきます。

SL950 フレームセット ¥260,000.-

ULTEGRA完成車 ¥330,000.-

105完成車 ¥295000.-

この値段差ならアルテグラ完成車がお得感ありますね。

IMG_0371

SL950_03

SL950_02

全部で4色なんですが、最後のこのブルーアクセントのカラーだけが完成車では選べない色みたいです。

カラーインパクトが大きい色はフレームセットのみってうまくできてますねw

PHIBRA EVO

PHIBRA EVO

フィブラエボって言えば、これぞカレラの代名詞って言うほど有名なデザインですよね。

私もカレラといえば、このフレームデザインの格好良さが先ず頭に浮かびます。

弓形でとてもしなやかなデザインです。

PHIBRA EVO_02

グランフォンド向けのバイクということですが、購買意欲をそそられる1台ですね。

PHIBRA EVO フレームセット ¥280,000.-

カラーは3種で、あと青みがかったグレー×赤のバージョンがあります。

VELENO TS

VELENO TS

ヴェレーノTSは、PHIBRA EVOの弟分的なグランフォンドロードです。

フレームセットで価格は¥20,000.-とお求め安い価格・・・

最近色んなバイクの存在を知って、価格の感覚が狂ってきてます。笑

VELENO TS_02

カラーバリエーションは合計4種となり、写真の他には黒×白の落ち着いたカラーと、チネリを思わせるような黒×黄色×赤×白の派手めなカラーもあります。

NITRO SL

NITRO SL

オールラウンドプレイヤーでありながら、その価格の割りに性能が良いということで、かなり人気となったニトロSLです。

初心者の方にもオススメの1台であり、このニトロの性能の良さがCARRERAというブランドの信頼の代名詞とも言えるでしょう。

写真の色は爽やかでカッコイイです!

でも残念ながら、このカラーと黒×赤のカラーはフレームセットのみのカラーリングみたいです。

105完成車の方は、黒×白と白×黒といったシンプルデザインになってます。

ニトロSL フレームセット ¥170,000.-

ニトロSL 105完成車 ¥260,000.-

GAERNE

GAERNE 2016

CARRERAのコーナーを抜けると、GaERnEガエルネのシューズが綺麗にディスプレイされていました。

一番上の棚の綺麗なシューズは1足5万ほどする高級モデルですけど、さすがに高いだけあって目立ってました。

好みとしたらブルーかなあ~

みなさんはどのカラーが好みですか?

次回はTIMEのコーナーを紹介したいと思います。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

BD-3

おすすめ書籍

イベント・展示会

気になるバイク

自転車まわりのアレコレ

自転車購入前に読もう

ゆーじ

ゆーじ

アラフォーからバイシクルの魅力に目覚めた男のドタバタを綴ったサイクルブログ。