ペダリング倶楽部

ORBEA 2016 ポディウム展示会に参加してみた

time 2015/11/18

ORBEA 2016 ポディウム展示会に参加してみた

ORBEA 2016

前回TIMEの記事の続き~ということで今回はORBEAコーナーのご紹介となります。

オルベアと聞けばみなさんはどんなメーカーイメージをお持ちですか?

山のイメージ?

トライアスロン?

マウンテンバイク?

1840年に銃の製造企業としてスタートしたスペインを代表する自転車メーカーとなったオルベアは、ロード、マウンテンバイク、トライアスロンで活躍する世界トップ選手も愛用して止まない製品を提供してくれているメーカーさん。

UCIのプロチーム、エウスカルテル・エウスカディが活動する地元バスク地方はピレネーの山脈を仰ぐ場所にあって、その性能は特に登り坂でこそ発揮されると言われているそうです。

そんなこともあって、オイラの中では登りのオルベアってイメージです。

ordu omp_01

そうそう、登りのオルベアなんだよねえ~なんて考えながらコーナーに近づくと・・・

いきなり目に飛び込んできたのがオルドゥ!

ディスプレイは登りじゃなくて下りっす。

ordu omp_02

近未来系の洗練された姿からスピードも感じられますね。

スピードを求めるようなエアロフレームは力強さも感じます。

ordu omp_03

プロのトライアスロンの選手から信頼される姿にホレボレしちゃいます。

ORDU OMP

sponsored link

ORDU OMP オルドゥ

カラーはディスプレイされていたブルーブラックと、フレーム展示されていたブラックの2色がエントリーされてます。

フレームセットの価格 ¥470,000.-(税抜)

ORDU OMPカーボンフォーク、専用シートポスト、キャリパーブレーキ付属

orca

ORDUのお隣に展示されていたのがOrcaです。

そうです、山岳、登りのオルカっす。

こちらも目立つカラーリングで素敵。

ORCA OMR

Orca OMR

フレーム展示されていたカラーはホワイトレッドとブラック。

この他にカーボンレッドがあります。

フレームセット価格 ¥450,000.-

ORCA OMP

軽量化と剛性の高さ。

どのメーカーもそこを目指すんだろうけど、いやはやフレームは奥が深いなあなんて思いながら眺めていました。

Orca OMP

105完成車 ¥360,000.-

アマチュア向けのOMP完成車はカラーも豊富な5種類

ホワイトレッド・ブルーピンク・ピンクホワイト・ホワイトブルー・ブラック

こちらもあとで試乗させてもらいました。

avant

AVANT OMP

オルベアのロングライド向けロード

展示車はカーボンブルー、この他にカーボンレッドとカーボンオレンジがあります。

アルテグラ完成車 ¥320,000.-

105 DISC 完成車 ¥285,000.-

105 完成車 日本限定モデル ¥265,000.-

カッコイイ紹介ムービーがあったので参考まで

でもオイラ、寒いのキライだよ。。。

ALMA OMR

ALMA OMR アルマ

こちらは、MTBのフレームセット ¥320,000.-

ほんとオルベアって幅広いレパートリーだけど、ラインナップも解りやすくて購入する人から見れば余り迷わずに選択できそう。

このオルベアの展示コーナーの後ろには、セラ・サンマルコ社の展示ブースがありました。

sanmarco

自転車サドルの代表的なメーカーさんだけあって、カジュアルなものから本格的なものまで揃っていました。

面白いなと感じたのはDiMAというサドル選択システムがあるということ。

おしりの悩みは自転車乗りには避けられない問題ですもんね。

sponsored link

down

コメントする




BD-3

おすすめ書籍

イベント・展示会

気になるバイク

自転車まわりのアレコレ

自転車購入前に読もう

ゆーじ

ゆーじ

アラフォーからバイシクルの魅力に目覚めた男のドタバタを綴ったサイクルブログ。