ペダリング倶楽部

RAZHA Carbon 24HMUD

time 2015/06/22

RAZHA Carbon 24HMUD

sponsored link

RAZHA Carbon 24HMUD 2015

今回で何候補目だったっけ・・・6候補目ですね。

はい、今回は王者ピナレロです。

予算からいくと上位モデルは当然候補としては挙がらないんですが、あの独特なデザインは格好よいよね~ということで、カーボンモデルの中からリーズナブルな1台を選びました。

それではRAZHAのスペックを見て行きましょう。

マテリアル Carbon 24HMUD

フォーク ONDA TM 2V Carbon 24HMUD

ボトムブラケット ITA

対応コンポ THINK 2・電動 / メカニカル

105 11S完成車仕様 メインコンポ:シマノ 105 11S

クランク:シマノ FC-RS500

ブレーキ:シマノ BR-R561

ホィール:シマノ RS010

¥253000

資料はピナレロホームページを参照しました。

フルカーボンでボトムブラケットがITAってことはJIS規格じゃなくてイタリー規格ってことか・・・ハンガーシェルが70mmで、BB用のネジ山が左右共に時計回りで締め込むのか。

JIS規格は、シェル幅68mmで右側のネジ山が時計回りで緩むってことか。

そういえば、なんかで直進方向に回せば締まるって書いてあったような・・・あれがJIS規格ってことかな?

クランクの回転でBBパーツが緩まないようにってしてあるって書いてたはず。

クランクはシマノ105だけど、ブレーキはシマノBR-R561ってことは1つ下のティアグラクラスってことか・・・ちょっとケチったな。。。

ホイールはRSシリーズ最下位のRS010ですね。

まあこのあたりはしょうがないね。

メリットとしては

あの有名なイタリア3大メーカーの一角と言われるPINARELLOというロゴがついてくる。笑

上位グレードのMARVELと同じ金型でカーボン成型されてるので、シルエットルーツはDOGMAへと繋がっているんだよね。

流れるようなONDA2Vフォークとシートステーはやっぱり格好良くって注目を集めるんだろうなと感じる。

BBは圧入式じゃなくスレッド式のイタリアンBBなので異音問題はクリアと言えるかな。

デメリットとしては

まあ、やっぱりピナレロのこの形がこの値段なのでブレーキとか削れる部分は削られちゃってる事は覚悟しないといけないところなのかも。将来的にブレーキ交換するならアルテグラクラスに交換するかな。

注目度も高いから盗難率も高そう?

シルエット&カラーデザイン

これはもう文句無しじゃないかな。

今までの候補の中では1番存在感があるよね。

ん~それにしても、スタイルいいよね。

どこかのインプレッションでは、初心者向きで、エンデューロやロングライドのイベントに参加したい人向きだって書いてましたね。

あのピナレロが・・・って知らない素人だけど。。。

物欲センサーが反応する1台と言ったところ。

実際に乗車されてるローディー先輩、もしご覧になられましたら、乗り心地とか感想をコメントしていただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

追記:他所の自転車ブログを拝見させてもらってたら、もう2016年モデルが発表されているとのことでした。

RAZHA2016

7月上旬から日本に入ってくるとか~ロードって夏に来年度モデルが登場してくる感じなんでしょうかね?

とすれば他メーカーも2016年モデル含めての検討になるんでしょうけど、最近の円安でどれも高くなりそうなイメージしかないですね。

でも素敵なデザインのがあれば心は動く!?

sponsored link

down

コメントする




関連記事

BD-3

おすすめ書籍

イベント・展示会

気になるバイク

自転車まわりのアレコレ

自転車購入前に読もう

ゆーじ

ゆーじ

アラフォーからバイシクルの魅力に目覚めた男のドタバタを綴ったサイクルブログ。